HOME>Topics>下肢静脈瘤などの血管の病気は手術で治そう!

健康寿命を伸ばすために大切なこと

健康寿命とは、日常生活を介護のない状態で送れている期間のことを指します。ただ長生きするだけではなく、時には体調を崩して免疫療法や手術が必要になることがあるかもしれませんが、健康寿命はなるべく長くしたいものです。健康寿命をなるべく長く伸ばすためには日頃から心身ともに健康的な生活を送ることが大切になります。

基本知識を学んで予防しよう!血管に関する病気の種類・3選

聴診器

脳動脈瘤

脳の動脈血管が部分的に膨らんで脆弱な状態になっていることを指します。この脳動脈瘤が破裂するとクモ膜下出血を起こし、命に関わる非常に危険な状態に陥り、迅速な手術などが必要となります。脳動脈瘤は必ず破裂するわけではありませんが、破裂の可能性は常に秘めているので、脳動脈瘤が発見されたら予防等できるかぎりの対応は事前にしておくべきです。

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤は、足の静脈血管におきる病気です。下肢とは、足のことを指します。初期段階では足がだるかったり、むくんだりという症状があります。すぐに命に関わるような病気ではありませんが、進行すると手術が必要になる場合もあり、油断はできません。

解離性大動脈瘤

なんらかの原因で、大動脈が縦に裂けてしまう病気です。この病気が起きる正確な原因は現在の医学でもまだわかってはいませんが、解離性大動脈瘤は命にかかわる病気であり、もし解離性大動脈瘤が起きた場合は、命を救うために早急に手術が必要となります。

下肢静脈瘤などの血管の病気は手術で治そう!

カウンセリング

病気は早期発見が大切!適切なケアを検討しよう

どんな病気にも言えることですが、脳動脈瘤や下肢静脈瘤などの血管の病気も早期発見して、手遅れになる前に早めに適切な対応をすることが大切です。自分で判断せず、身体の不調を感じたら早めに墨田区にある内科などの病院に行って医師による診察を受けましょう。必要に応じて、手術などをすることになった場合も納得いくまで医師としっかり相談をすることが大事です。